働き方別 / 東京・神奈川・埼玉・千葉の介護福祉士求人サイト

介護福祉士のお仕事情報が掲載されている求人サイトはたくさんあります。その中にも正社員・派遣・パートと雇用形態ごとに得意分野があることをご存知ですか?あなたに適した好条件な求人に出会うには希望する働き方の求人が充実しているサイトを利用するのがポイント。東京・神奈川・埼玉・千葉の場合は下記のサイトが当てはまります。ご希望の働き方に合わせてご利用ください。


正社員ならベネッセの介護士お仕事サポート

ベネッセグループのベネッセMCMが運営する人材紹介サービスです。同じグループのベネッセスタイルケアの有料老人ホームはもちろん、介護業界大手企業の優良求人を中心にベネッセの介護士お仕事サポートでしか紹介されない非公開求人もあります。

またそれぞれの事業所の特徴を熟知した専任コンサルタントがあなたと面談した上で求人を紹介してもらえます。結果的に入職後のミスマッチが少なくなるので自分合った職場で長く働きたい正社員の仕事探しにぴったりです。

ベネッセの介護士お仕事サポートの公式サイトはこちら

派遣ならならきらケア介護派遣

厚生労働省の若者キャリア応援制度や職業紹介優良事業者に認定されているレバレジーズが運営する介護職専門の派遣サイトです。特に首都圏の求人情報に圧倒的な強みがあり様々な派遣のお仕事情報を保有しています。

派遣で働きたい介護福祉士の方に人気の理由は派遣先の良いところだけでなくマイナス面もしっかり説明してくれること。そのため多面的に検討して派遣先を決められます。派遣で気になる福利厚生面も充実しています。

きらケア介護派遣の公式サイトはこちら

パートならカイゴジョブ

カイゴジョブは介護職の求人規模が最大級。その理由は介護事業者側が無料で求人を掲載できる仕組みがあるのでパート情報が集まりやすく、訪問介護・介護施設など種類を問わずいろいろなパートの募集が掲載されています。

カイゴジョブの求人票は必要な項目がわかりやすいだけではなく、求人によっては働いているスタッフの声や採用担当者の声も掲載されて勤務先がイメージしやすいです。下記のリンクから無料登録しておけばメールで最新のパート情報が届きます。

カイゴジョブの公式サイトはこちら

介護福祉士の転職・復職は今がチャンス

介護福祉士の資格をお持ちの方は今が転職・復職の大きなチャンスです。背景には、介護報酬の加算に介護福祉士の配置割合が要件になる方向性が鮮明になっていることがあります。

そのため介護福祉士限定で募集する求人の増加、処遇改善加算による基本給引き上げ、資格手当の大幅拡大、社内資格制度での優遇、人材定着のための福利厚生充実など、ほんの少し前と比べても求人の質が明らかに変化しててきています。

介護事業者各社は自社の旧ヘルパーや初任者研修の取得者に対して介護福祉士の取得支援も積極的に行っており介護福祉士を確保する工夫をしています。しかし短期間で充分な人数を増やすのは容易ではなく一定の現場経験がある介護福祉士を好条件で外部から採用しようとしているのです。

介護福祉士を取り巻く東京・神奈川・埼玉・千葉の求人事情

厚生労働省の試算では2025年には介護従事者の不足人数が377,364人に達します。このうち東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県では110,677人が不足します。つまり全国の不足する介護人材の30%を首都圏だけで占めることになります。

最大の要因は大都市圏の人口が高齢化することで大阪や愛知も厳しい状況が予想されます。既に大都市では充分な介護サービスを利用できない介護難民という言葉も登場しています。もちろん東京をはじめ各県でも介護人材の確保に対策を行っているもののしかし決定的な対策は見えていない状況です。

人材確保に不透明さが残る一方で、日本国内でこれほど10年先まで需要がはっきりしている事業分野は他にはないことも事実です。そのため東京をはじめとした都市部の介護事業者は採用した介護福祉士に10年先まで勤続してもらえるような給料を含めた制度設計に取り組んでいます。

介護福祉士の転職・復職先選びの基準

さて介護福祉士の求人の待遇が良くなっていると言っても全て介護事業所に当てはまるわけではありません。残念ながら経営が上手くいかず介護職の方の負担が重すぎる現場もまだたくさんあります。

2015年に大手では損保ジャパンがワタミの介護とメッセージを買収したこと、介護の中小事業者では倒産件数が過去最多になったことに象徴されるように転換点でした。介護事業者間での格差が広がりつつあり、その傾向からこれからも変わらないでしょう。

そのなかで介護福祉士はどんな事業者を選べばいいのでしょうか?その基準は大きく分けると2つ、

  • 経営基盤がしっかりしている大手事業者
  • 介護観が自分と合い独自性のあるサービスを提供している中小事業者

となります。

安定性を重視するなら大手の正社員がおすすめです。やはり給料の高さ・育児休暇など福利厚生全体の充実度は大手が充実しています。介護従事者の数が多い事業者ほど離職率が低いというデータもあります。また3年に1度改正される介護保険制度にも一定の資本力がある大手の方が対応しやすいでしょう。もちろん大手企業ならどこでもいいわけではありません。大手でも従業員への還元や教育が不十分なところもあります。

あなたの介護観に合った職場でやりがいともって仕事をしたいなら中小事業者も選択肢になります。介護は医療と異なり保険外サービスを提供する“混合介護”にも取り組みやすいので事業者ごとの独自性も高まりやすく特色のあるサービスで支持されている事業者も存在しています。

なお大手も含めると約55%の介護事業者が保険外事業を行っています。今後は2時間のサービスのうち、最初の1時間は介護保険で次の1時間は自費サービスといった混合介護が増えていき事業者の経営上も重要になります。

このような大手がいいのか?特色のある中小企業がいいのか?というは介護業界以外と同じ構図です。介護福祉士としての将来設計に迷いや不安がある方はベネッセの介護士お仕事サポートに登録してコンサルタントに相談してみてください。登録時の面談では給料・やりがい・家庭との両立など、いろいろな角度から適切なアドバイスがもらえるのでとても役立ちます。

介護福祉士がいつまでも引く手あまたとは限らない

ここまで東京・神奈川・埼玉・千葉では好条件な求人が増えていてチャンスです、と書いてきました。気をつけていただきたいのが“良い介護事業所”ほど人材の確保が順調に進み採用人数が限定されはじめるのが早い可能性が高いということです。次に転職・復職は早めの検討がおすすめです。


参考ウェブサイト
介護福祉士転職・求人情報:介護福祉士の求人探しに役立つサイトのランキングが掲載されています。全国対応。
介護保険−東京都福祉保健局:東京都の介護人材確保対策事業や処遇加算に取り組み。